お知らせ

廃棄物処理費の高騰

2018/04/12 - 今月の営業日

このところずーっと、になりますが
廃棄物処理の費用が右肩上がりとなっております。

①廃タイヤ 海外(東南アジア等)に輸出していたものが安価な現地製造タイヤが出てきたため売れなくなり縮小。国内での処理がダブつき処理費の高騰になっています。

②ペットボトル 中国への資源としての輸出がされていたが、中国の法規制等で輸出が出来なくなり(売れなくなり)資源から廃棄物の扱いとなった。

③廃プラスチック ペットボトルと同様に資源として売却先が狭まり過剰供給的となり品質の悪い廃プラスチックは廃棄物へとなっている。

④家電製品 廃棄物処理法の改正により有価な素材を含み売買取引されるものであっても、有害物質・可燃物など環境に被害が出るものが含まれる物を扱う場合は今後、環境省への届出が必要になり今までグレーな部分で営業していた業者は排除され流通が変化し、リスクやコストが増え商品価値が下落。

他にもいろいろと、廃棄物処理の費用は増大することはあっても処理費が安くなることはノーベル賞が取れるくらいの新技術などが出来ない限りはないと思われます。

結論!! 
廃棄物は今のその瞬間が一番安い費用で処理できます。

ページの先頭へ

株式会社イナック    〒399-4301 長野県 上伊那郡宮田村5339番地
↑